2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

送別会Ⅱ

今度はグループの部下が送別会を開いてくれ、なんと部下からプレゼントをもらいました。それはなんと私の好きな動物図鑑でした!興味の無い方は理解に苦しむかもしれませんが・・・・。Dsc07765_2

この図鑑は生息環境、動物界などタクソンを含めた内容が盛りだくさん!!哺乳類から無脊椎動物まで多彩な情報万点のこの図鑑に今は虜になっております。

Dsc07766_2

このタイリクオオカミ最高です。かっこいいですよね。種類は違いますが子供の頃読んだシートン動物記の狼王ロボを思い出します。

続いてワニ!ワニの中でも自分の好きなナイルワニ。アリゲーター、クロコダイル、ガビアルの違いも確り載ってるこの図鑑、やばいですね。しばらく眺めていそうです。Dsc07768_2

2009年2月22日 (日)

無脊椎動物

タマイタダキイソギンチャクを購入!カクレクマノミのベッドとして購入しましたが以前のシライトイソギンチャク同様、まだ入りません。イソギンチャクは自分で心地よい場所を探し動き回りますが、よりによってお気に入りのトンネル部分に落ち着いてしまいました。ここはハギ軍団の通り道であり、ホワイトソックスが門番をしております。ここにはカクレクマノミは近寄れない・・・・さてどうしよう。

Dsc07763_2

送別会

昨日会社のメンバーに送別会を開いて頂きました。これで2回目の異動。今回は転居が伴わない為直ぐに会えるメンバーだが、やはり寂しいですよね。サラリーマンという道を選んだ以上仕方無いことですが・・・。自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる・・・・松下幸之助の道をひらくに載ってる言葉を思い出してしまいました。Photo_4

2009年2月15日 (日)

セカンドカー

本日夢のセカンドカーを作成してみました。モデルは東洋工業のオート三輪T2000!オート三輪の中では最高級のT2000、かっこいいですよねぇ。水冷直列4気筒1985cc、最高速度100km・・・・安定感がなさそうでここまで出せないですよね。こんなオート三輪をイタリアンレッドで仕上げ、幌にはアルファのロゴを入れて見ました。けっこういい感じ?

Dsc07644_2

2009年2月 8日 (日)

東名阪チーム

2月1日付けで営業から営業企画へ異動となりました。趣味が営業であるだけに複雑ですが本社勤務も勉強になるかと思うので承諾しました。これから引継ぎ等で忙しくなりますが、昨日今日と東名阪チーム24名でスキー&スノボに行ってきました!さすがに4年ぶりという事で冴えない滑り。しかも体力の衰えはやばすぎ。3㌔コースを滑ってクタクタに・・・・。そして2本目で休憩。天気も良かった為、外でビールを1杯。そこから2杯、3杯・・・・。なんと1日券を買って5本しか滑っておらず、殆ど飲んで終わってしまいました。夜は温泉旅館の大広間で飲みまくり!営業から本社勤務の期待と、趣味営業が出来なくなる寂しさでとことん飲み、騒いで参りました(^^)vPhoto_3 

2009年2月 2日 (月)

appariscente

気性の荒いバイカラーが仲間入り。混泳させる魚には注意が必要なバイカラーですが、今のところナンヨウハギ・キイロハギにびびってる様子。鮮やかなピンクと黄色が特徴で魅力的な魚です!ただ、今後悪さをするようであれば別居ですけど・・・・。

Dsc07579_2 Dsc07602_2

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »