2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« プテラポゴン・カウデルニィ | トップページ | 水槽のその後 »

2009年10月15日 (木)

悲しい報告

悲しい報告です。

海水魚たちが突然死してしまいました。しかも成長を楽しみにしていたお気に入りの魚達が・・・キイロハギ、ナンヨウハギ、フレームアンティアス×2、アカネハナゴイ×2、パープルクイーン×2、ホンソメワケベラ、ソラスズメ×3、プテラポゴンカウデルニィ(メス)、デバスズメ×2

奇跡的に生き残ったのは、ブラックオセラリス、カクレクマノミ×3、デバスズメ×3、マンジュウイシモチ×2、ヨスジ、ヤエヤマギンポ、イトマンクロユリハゼ、プテラポゴンカウデルニィ(オスと卵)、ホワイトソックス、ユビワサンゴヤドカリ達。

特にプテラポゴンカウデルニィは産卵したてだったので非常に残念です。オスが卵を守っておりますが、何とか無事育って欲しいな。。。。

キイロハギ、ナンヨウハギも大きくなって餌も良く食べて元気だったのに何が悪かったのでしょう・・・。考えられるのはセンジュイソギンチャクですが、それであれば誰も生き残れないはずだし???

別水槽を速攻立ち上げ何とか落ち着いてますが、油断は出来ないですね。兎に角W900の水槽は一旦リセットします。

はぁ・・・一気にテンションが下がりました。

Dsc00211_2 Dsc00222_2

« プテラポゴン・カウデルニィ | トップページ | 水槽のその後 »

コメント

いやあ、なんとも孵化を楽しみにされていた矢先のことだけにお気の毒としか言いようがないです…
何かあったんでしょうね。彼らは戻りませんが、せめて気持ちが戻ってくることを望みます。

僕は熱帯魚には詳しくないですが、渓流魚が好きなので真剣に飼いたいと思ったことがあります。まぁ、まず無理ですけど。

>arootさん
ありがとうございます・・今は残った魚達を確り育てて行こうと思います!

渓流魚は飼えない事は無いでしょうが難しいでしょうね!ヒメマスや岩魚は厳しいでしょうが、ヤマメくらいなら水温を13から17度くらいに保って、確り餌付けば飼えますよ。。。。きっと。但し寿命は短めです。あと同種では序列を巡って闘うので単体でしか飼えないかも・・・・。
私の会社の研究所には何故かイトウがいますよ(笑)水が綺麗なとこなので

何があったんでしょうか。。。

僕自身、熱帯魚を飼育した経験はありませんが、落ち込む気持ちも良くわかります。
是非、来週末の女神湖で少しだけでも気晴らししてくださいね。

>しーたけさん
ありがとうございます!女神湖楽しみにしてます!!

原因はたぶんアンモニアが溜まってしまった事が原因かと・・・。水替えもマメに行ってたのですが、残念です。

今はイソギンチャクも少しダメージを受けたので2つの水槽で立ち上げ直してます。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1036782/31800999

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい報告:

« プテラポゴン・カウデルニィ | トップページ | 水槽のその後 »